紅葉と言えば……?やっぱり温泉でしょ!全国オススメスポット6選!

スポンサードリンク
 




春の桜も素敵だけれど、

秋の紅葉は、情緒溢れる雰囲気を

醸し出します。

緑の葉が、紅や黄色に色づき始める頃、

何となく、人恋しくなり、

どこかに出かけたくなりませんか。

紅葉スポットと言っても、

日本全国、北から南まで、

津々浦々、たくさんあります。

何かキーワードを決めて、探してみるのはどうですか?

キーワードは、日本三大○○です!

紅葉を見ながら温泉満喫!オススメ人気スポット3選!

スポンサードリンク

関東近県に住んでするならば、

ちょっと勇気がいるけれど、

どうせなら、スケールの大きな紅葉はどうでしょうか。

お薦めは、小豆島

国立公園 寒霞渓(かんかけい)。

渓谷の見せる四季折々の姿は、

日本が四季の国であることを

思い出させてくれます。

紅葉を語るなら、寒霞渓の紅葉ははずせません。

日本三大渓谷美のひとつとされているこの渓谷の、

ロープウエイからの眺めは圧巻です。

まさに、空中散歩。

まさに、絶景。

山が燃えています!!

ちなみに、このロープウェイ、

四国運輸局より、51年間連続無事故表彰を

受けているそうです。

紅葉に満足したら、次は温泉です。

小豆島温泉リゾートホテルオリビアン小豆島。

天空の露天風呂からは、

穏やかに広がる瀬戸内海を一望できます。

ロマンチックなスポットを1つ。

1日2回、引き潮の時のみに現れるという、散歩道。

通称、エンジェルロード。

その道は、引き潮の時しか渡れません。

干潮時に現れた砂の道、

その道を大切な人と手をつないで渡ると

天使が降りてきて、願いを叶えると言われています。

消えては現れ、現れては消える、砂の道、

自然の奇跡です。

日本三景の一つ、宮島。

紅葉と言えば、宮島にある、

その名もずばり「紅葉谷公園」。

大聖院もみじ祭りが行われる「大聖院」。

大聖院から紅葉谷公園までをつなぐ「もみじ歩道」。

紅葉谷公園では、

約700本の木々が紅葉に染まります。

真っ赤に染まる紅葉の美しさと、

宮島の持つ神々しさは、

そこにいる人を、神秘の世界に導きます。

紅葉谷公園まで徒歩10分、

厳島神社まで徒歩5分の好立地にあるのが、

厳島温泉 錦水館。

厳島神社を参拝し、

紅葉谷公園で紅葉を楽しんだ後は、

錦水館の温泉で一休み。

錦水館の温泉は、天然の冷泉

神の島の地下深くから湧き出た海水を

含んだ天然温泉です。

肌の保湿にも良いとされていて、

すべすべになると好評です。

日本三大奇勝の一つ、群馬県富岡市の妙義山。

独特な形をした奇岩が多く、

白雲山・金洞山・金鶏山等を総称して

妙義山」と呼ばれています。

(※ちなみに、小豆島寒霞渓も三大奇勝の一つです)

登山をするには、少々ハードルが高め。

そんな時は、ドライブなんてどうでしょぅ。

妙義神社からさくらの里へ続く妙義道路、

通称「妙義紅葉ライン」。

自然の荒々しさを兼ね備えた

美しい紅葉を味わうことができます。

紅葉と岩肌のコントラストは、

まさに絶景、野生的な美しさに満ちています。

白雲山のふもとにある、

「妙義ふれあいプラザ もみじの湯」。

もみじの湯の目の前には、

堂々とした妙義山の姿があります。

日帰り温泉施設である、

このもみじの湯の露天風呂から臨む妙義山の紅葉は、

疲れた体を癒してくれます。

こんな穴場も!?ライトアップされた紅葉が見れるオススメ温泉ご紹介!

そ

昼間の紅葉も素敵だけれど、

ライトアップされた紅葉はまた格別。

文明と自然の共存です。

有馬温泉、草津温泉と並ぶ日本三名泉「下呂温泉」。

紅葉の時期になると下呂温泉温泉寺には、

もみじ足湯が登場して、

夜はライトアップされた紅葉が、幻想的に映ります。

ライトアップされた紅葉を眺めながらの足湯は、

最高に贅沢です。

日本三景のひとつ宮城県松島。

松島の紅葉と言えば、円通院庭園の紅葉。

瑞巌寺の参道と洞窟群、観瀾亭、福浦橋等の

観光スポットも美しくライトアップされます。

松島の絶景を望む「ホテル絶景の館」自慢の露天風呂。

天然温泉の露天風呂に入りながら、

紅葉に彩られた松島の厳かな風景を堪能できます。

紅葉、温泉と言うと、日本全国津々浦々あるけれど、

東京都内、それも23区内では、

あまりイメージありませんよね。

今回は三大縛りなので、

ちょっと反則気味ですが・・・

日本三大都市の一つ、東京。

文京区駒込にある「六義園」。

五代将軍徳川綱吉の側用人、

柳沢吉保により造園された、

小石川後楽園とともに江戸期を代表する日本庭園

園内ではいたる所で、

紅葉を楽しむことができます。

夜にはライトアップされ、

幻想的な風景を楽しむことが出来ます。

日本古来の庭園と美しい紅葉、

ここが都会の真ん中であることを、

しばし忘れさせてくれます。

そのあとは、

六義園から徒歩15分くらいの所にある、

東京染井温泉「SAKURA」なんてどうでしょうか。

入口を入ると日本庭園が広がり、

高級旅館の気分を味合わせてくれます。

温泉、紅葉、日本三大○○というテーマに縛ると、

少し反則気味ですが、

都会に住む人が、疲れを癒すために、

比較的気楽に楽しむことの出来る、

穴場なスポットじゃないかなぁと思います!

まとめ

79efcea08c7429070d3c2602fdba6ade_s-1

日本全国、至る所に紅葉の名所がある所からも、

紅葉は、日本情緒あふれる文化なんだなぁと実感します。

そして、紅葉を楽しむ際には、

隣に大切な人の笑顔があれば、最高ですね。

紅葉の見ごろは、それぞれです。

感じ方もそれぞれです。

足を運ぶ際には、必ずご自分で確認され、

ご自分に合った紅葉を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク
 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする