仙台七夕まつりの由来?!どうして日本三大七夕祭りになったのか?

スポンサードリンク
 




宮城県仙台中心部一帯で、

大々的に行なわれる七夕かざり。

風にゆれる名物のくす玉かざり。

鳴る音は良いです。

日本一といわれるほど、有名な

仙台七夕まつり!!

全国の中で、最も名声なまつり、

ぜひ、どうぞ!

スポンサードリンク

仙台七夕まつり!由来や歴史?!伝統ある祭りの意味?

日本三大七夕祭り、知っていますか?

日本全国で、行われる七夕まつりのなかで、

観光客がたくさんあつまる場所が、

3つあるんです。

よく聞く七夕まつりが、このまつりです。

仙台七夕まつり 宮城県仙台市
湘南ひらつか七夕まつり 神奈川県平塚市
安城七夕まつり 愛知県安城市

この3つのなかで、一番の先輩が仙台七夕まつり

後輩が、湘南ひらつか七夕まつり、

又は、安城七夕まつりです。

どちらも、負けていないかんじです^^

名声があるまつりのなかで、

よく聞くのが仙台七夕まつりです!

仙台商店の心意気!伝統守り続けるそのパワー!!

おうちで1

もえる心の意思パワーが感じる七夕まつり…

ここにも歴史話あり。

約400年前。

仙台藩祖の伊達正宗が、豊作と技芸上達を願って

七夕まつりをすすめました。

和歌に七夕をテーマに読んでいるほど、

いい七夕だったと思うでしょう。

実は、シンプルに小さい七夕かざりをかざって…

ほそほそと消えたそうです。。。

やがて、昭和2年に、

大きな七夕かざりが復活して、そのまま続けました。

第2次大戦で中止になったんですが、

昭和22年、昭和天皇の仙台ご訪問で、

現在の仙台七夕まつりの元がスタートしたわけです。

仙台市民の熱意!

商人の生き方があるまつりといったでしょうね。

すごいです。興奮するなぁ。

仙台七夕まつり!なぜ8月?その由来は?

おうちで5

七夕の意味から説明しますね。

【七夕】

中国伝来の星まつりと、

先祖の霊に織物を供えることが由来です。

【七夕】+【まつり】

奈良時代、日本の貴族社会で、

星祭り」をしていました。

時が経って、農作を願うために、

神の宿る依りとして、笹竹をかざっていました。

風土に合わせて、いろいろアレンジされました。

【七夕まつり】+【旧暦】

もともとは、旧暦7月7日の行事です。

【7月7日】⇒【8月7日】

今のカレンダーは、新暦(太陽暦)です。

新暦に季節感をあわせるため、

旧暦に1ヶ月足しました

「中暦」といいますが、

これをつかって、8月へ移動されました。

これを「月遅れの行事」といいます。

8月といえば、夏休みですよ~

遊べます!!

仙台七夕まつりは、8月6日~8日に行われます。

七夕ロマンス★星に願いをこめて☆

願いがかなえるのは1

仙台七夕かざりの目玉は、

商店街に華やかなくす玉をはじめ、

様々な願いをこめた、

7種類のかざりをつけた大きな竹が立ちます。

きれいな色ドームに入った小さな世界です。

また、花火大会や露店・パレードもあり、

毎年、約400万人ぐらい観光客が集合しています!

夏の七夕だ~と感じる景色は、

あふれる仙台七夕まつりー★

遊ぼうぜ!おいしい食べ物たべようぜ!

スポンサードリンク
 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする